実はこんなにあるホルモンの世界

ホルモン焼き
ホルモンは、カルビやヒレ・ロースなどのストレートな焼き肉の旨さとは違う旨さがあり人気があります。ちなみにホルモンと名付けられた由来についてですが、関西の言葉では捨てることを「ほおる」といいます。従って、本来捨てていた部位でもあることから「ほおるもん」と呼んでいたそうです。日本語とは実におもしろいですね。ここでは、そんなホルモンについて詳しくご紹介いたします。

絶大な人気を誇るハラミ

内臓特有のクセがない

焼肉屋で、ハラミをホルモンとは気づかずに食べている人が多いと思います。要するに、通常の肉と間違えるくらいに内蔵特有のクセがないのです。食感は、まさに肉そのものです。

1頭当たり2キロ程度しかとれない希少な部位

ハラミは横隔膜の背中側の薄い部分で、肋骨側の分厚い部分をサガリといいます。いずれも1頭の牛から2?程度しかとれない希少な部位になります。

ホルモンの中では食べやすいタン

レモン汁に浸けて食べるのが定番

焼肉屋に行ってタンを注文しない人はまずいないと思います。確かにタンはあっさりとした味で、レモン汁に浸けて食べるとサクサクとして食感もいいですね。

一度食べたらやみつきになる

タンの本場仙台に、タンを食べるためにわざわざ出向く人がいるくらい人気があります。確かに、タンは一度食べたらやみつきになりますね。

BSE問題以降特定危険部位に指定されたカシラ

こめかみと頬に分類される

カシラは、さらにこめかみ部分と頬の部分に分類されます。中でもこめかみ部分は、BSE問題以降特定危険部位にも指定されており、現在ではほとんど出回ってはいません。

硬いけれど美味しい

カシラは、ほっぺたのお肉で内部には筋があります。そのため、硬いのですが焼肉にすると筋がトロンとなって美味しいのです。

歯ごたえがありジューシーなミノ

4つある胃のうち1番目の胃

牛には4つも胃袋があるのですが、そのうち1番目の胃がミノになります。肉厚で純白に近い色をしており、食べると歯ごたえがありジューシーさがヤミツキになります。

ホルモンの中ではガムとも呼ばれている

ホルモンの中では、ガムとも呼ばれています。そのくらいに噛み応えがあります。噛み応えがあるというよりも永遠に噛み続けないといけなくなるので、ある程度噛んだら飲み込むのが一般的です。

ホルモンの王道シマチョウ

シマチョウのシマは縞模様が由来

シマチョウは、牛の大腸の部分になるのですが、表面が縞模様のように見えることからシマチョウと呼ばれています。

栄養価が高い

シマチョウは、ホルモンの王道ともいわれるくらいにホルモンを代表する部位になります。しかも、ビタミンB1・B2・B12などが豊富で栄養があります。

見た目や食感がアワビに似ているヤン

焼肉屋でアワビが食べられる?

ヤンは見た目も食感もアワビにとても似ています。いわば牛アワビといったほうがよいかもしれませんね。ちなみに、牛の2番目と3番目の胃袋の間の壁の部分になります。

ホルモンに飽きたらヤンがおすすめ

焼肉屋に行くといつも同じものを注文するという人が多いハズです。もちろん、牛には様々な部位があるので知らなければ当然のことです。そんな方にはヤンがおススメです。カリカリに焼くと実に美味ですよ。

フォアグラや白子のようなまったりとした味わいのシビレ

仔牛のシビレは珍重されている

フォアグラや白子のようなまったりとした味わいがシビレの大きな特徴です。また、仔牛のシビレはリードヴォーと呼ばれ珍重されています。

胸腺が食べられるのは仔牛だけ

牛の胸腺やすい臓の部位で、生後1か月程で胸腺は脂肪に変化します。そのため、胸腺が食べられるのは仔牛だけとなります。

牛のメスのみにあるコブクロ

牛の子宮の部位

コブクロは、牛の子宮のことなのでメスにだけあります。また、子宮は子供を宿す部分でもあるのでコブクロと呼べれるのも当然といえば当然ですね。

脂肪が少なく淡白な味

コブクロは脂肪が少なく淡白な味です。食感はコリコリとしています。

訳ありのシロセンマイ

鮮度が悪くなるとシロセンマイにする

中々鮮度がよい黒っぽい色の生センマイを食べることはありません。実をいうと、鮮度が悪くなるとセンマイの皮をはいで、白っぽい色にして湯通ししたものが提供されます。

コリコリとしていて臭みが少ない

センマイとは牛の3番目の胃袋です。食感はコリコリザクザクとしており、臭みも少なく食べやすいです。

まとめ

焼肉屋でホルモン系を注文する場合、タンやレバーが一般的ですが実に様々な種類があるのです。このホルモンを極めると、焼肉の味わいも深まるに違いありません。